組合理念、方針、沿革

組合長挨拶
理事会のご推挙により代表理事組合長の席をお預かりする事となりました白川義雄と申します。
何分にも浅学菲才ですので、責任の重さを身をもって感じています。全力を挙げて職務に邁進する所存でありますので組合員の皆様方のご指導、ご支援を心からお願い申し上げます。
私は永らく町職員として森林行政に携わって参りました。以前と比較すると木材価格の下落による森林所有者の山林への関心は薄くなるばかりだと感じています。今後も未整備森林の減少と造林補助金の活用により組合員の皆様に還元出来るよう事業を推進していく所存でございます。

基本理念
1.森林の恵みに感謝し、郷土に緑を、子孫に美しい森林を引き継ぎます。
2.組合員に信頼される組合づくりに努めます。
3.活力に満ちた人づくりで、林業と地域の活性化に努めます。

行動方針
1.より速く、より正確に、より安全に。
2.今日の行動が組合に貢献したか問い直せ。
3.「従来の方法が一番いい」、「前はこうだった」という考え方を捨てよ。
沿革
昭和31年 12月
築城町森林組合 発足
昭和36年 3月
椎田町森林組合 発足
昭和40年 4月
豊前市森林組合 発足
平成2年 9月
小径木加工場 操業開始
平成13年 4月
豊築森林組合 設立
(豊前市、築城町、椎田町の3組合が合併)
平成19年 4月
大平森林組合と合併
平成22年 4月
木材流通センター、京築ブランド館 操業開始